endeiku

ジャズ、ときどきまち歩き。音楽・映画・本とまち歩きについて書いています。

Straight Up / Bob James Trio

生のジャズをストレートに、ダークに。ボブ・ジェームス。


Art Dorection + Design: Linda Cobb & Bob James / Photo: Jeffrey Scales

Art Dorection + Design: Linda Cobb & Bob James / Photo: Jeffrey Scales


 「ナイトクローラー」、都会の夜の徘徊者をイメージしたのだろうか。よくわからぬが、アメリカ・アニメのキャラクターのことだろうか。クリスチャン・マクブライドのベースで始まるところが、ダークでかっこよすぎる。中山康樹氏が『マイルスを聴け』で「ク〜ッたまらん」と叫ぶ感覚がわかる。「ク〜ッたまらん」のだ。叫んでみればわかる。体験なのだ。チープで単純な表現だが、まさに「ク〜ッたまらん」なのだからしかたない。何度聴いてもこの体験は沸き上がってきて、そのたびに新鮮だから、なんなのだろう、この曲とその演奏は。ブラッド・メルドーのあの不思議なタイム感覚に「ク〜ッたまらん」と叫んでしまうことがあるけれど、その場所はここだと特定するよりも、その音の流れにそう感じるので、ここだけを繰り返し聴くということはない。しかし、この「ナイトクローラー」は、何度も再生してしまう。こういいながら、また戻って「ナイトクローラー」の出だしに耳を傾ける。途中からは、ブライアン・ブレイドのスティックさばきに耳の波長を合わせる。まったく、「ク〜ッたまらん」曲だ。


Marrakech in the cool of the evening / Randy Weston

Marrakech in the cool of the evening

Cover Photo: Bruno Barbey - Magnum


 ランディ・ウェストンのピアノの音が好きだ。重さがある。硬さがちょうどいい。低い音を好んで使い、身体に響きわたってくる。そして、ウェストンが求め、探しあてていく音楽が大好きだ。ぼく自身が重なっていくような感覚をおぼえる。


LED ZEPPELIN rockin'on BOOKS vol.2

LED ZEPPELIN rockin'on BOOKS vol.2

LED ZEPPELIN rockin'on BOOKS vol.2


 レッド・ツェッペリンのアルバム「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」を発売日に買った。1979年だ。レコード店オリジナルの黄色いビニール袋に納められたその新譜を両手で抱え、家まで寄り道せずに帰った。世の中の雰囲気としては、既にパンクやニュー・ウェーブがミュージックシーンの主役で、ツェッペリンは少し古めかしくなっていた。僕もセックス・ピストルズやブロンディなどを熱心に聴いていた。しかし、二年の沈黙を破って出てきた新しいジャケットに包まれたそのまだ聴いたことがない新しい音がどんな感動を与えてくれるのかと期待し、ドキドキした。
 翌年の9月、ジョン・ボーナムが事故死するというニュースにファンはすぐその意味を理解できないでいた。12月4日、解散表明。渋谷陽一はなんと吠えていたっけ。そう、ツェッペリンといえば、渋谷陽一、ロッキング・オンだった。