endeiku

ジャズ、ときどきまち歩き。音楽・映画・本とまち歩きについて書いています。

選択されているタグ : jazz

タグを絞り込む : bass drums piano sax

Straight Up / Bob James Trio

生のジャズをストレートに、ダークに。ボブ・ジェームス。


Art Dorection + Design: Linda Cobb & Bob James / Photo: Jeffrey Scales

Art Dorection + Design: Linda Cobb & Bob James / Photo: Jeffrey Scales


 「ナイトクローラー」、都会の夜の徘徊者をイメージしたのだろうか。よくわからぬが、アメリカ・アニメのキャラクターのことだろうか。クリスチャン・マクブライドのベースで始まるところが、ダークでかっこよすぎる。中山康樹氏が『マイルスを聴け』で「ク〜ッたまらん」と叫ぶ感覚がわかる。「ク〜ッたまらん」のだ。叫んでみればわかる。体験なのだ。チープで単純な表現だが、まさに「ク〜ッたまらん」なのだからしかたない。何度聴いてもこの体験は沸き上がってきて、そのたびに新鮮だから、なんなのだろう、この曲とその演奏は。ブラッド・メルドーのあの不思議なタイム感覚に「ク〜ッたまらん」と叫んでしまうことがあるけれど、その場所はここだと特定するよりも、その音の流れにそう感じるので、ここだけを繰り返し聴くということはない。しかし、この「ナイトクローラー」は、何度も再生してしまう。こういいながら、また戻って「ナイトクローラー」の出だしに耳を傾ける。途中からは、ブライアン・ブレイドのスティックさばきに耳の波長を合わせる。まったく、「ク〜ッたまらん」曲だ。


Marrakech in the cool of the evening / Randy Weston

Marrakech in the cool of the evening

Cover Photo: Bruno Barbey - Magnum


 ランディ・ウェストンのピアノの音が好きだ。重さがある。硬さがちょうどいい。低い音を好んで使い、身体に響きわたってくる。そして、ウェストンが求め、探しあてていく音楽が大好きだ。ぼく自身が重なっていくような感覚をおぼえる。